夢の一戸建ても面倒になってしまう現実

夢の一戸建てですが、頭金がほとんどなかったので、そんな状態でも建てられるのか、これから先、家を建てれたとしても生活をやっていけるのか、ローンは通るのか、払っていけるのかが第一の問題でした。
モデルハウスを見に行ってもすぐ話し掛けられて、少しずつ見たいのにアンケートなどを書かされてゆっくり見られないのも少し苦になりました。

結局主人が気に入ったホームメーカーの担当の方に教えていただいたので、ローンは組めることになりました。
補助金などの手続きも丁寧に教えてもらえたので、無事補助金なども入って何とか助かっています。
アンケートを書いたせいでしつこくホームメーカーの方から電話が何度も来てきていましたが、あるメーカーさんに決めたのでと伝えるとしばらくして電話はなくなりました。
モデルハウスもあまり見に行く気にもなれず、しつこくされた場所は避けて通り打ち合わせへ行きました。

ホームメーカーを決めるにもすごく悩むと思いますし、面倒になってきたり、夫婦でもめる事も増えたりすると思いますが、面倒になっても、色々なメーカーさんや、工務店さんなどのお話を聞く方が賢く建てられると思います。
後悔はしたくないと思いますので、言いにくい予算などもしっかり伝える事が大切だと思います。