一戸建て住宅のキッチンコンロの前面に後悔

わが家の一戸建て住宅は、玄関ホールからリビングルームに入ってすぐに対面キッチンが配置されています。その位置関係は後悔はしていないのですが、けれどコンロ周りは後悔しているところはちょっとありますね。

わが家のキッチンは対面キッチンということで、コンロ周りはレンジガードがつけられていて、ほぼすべてがオープンです。しかし、実際にこの家で生活をしてみて思うところがあるのです。それは、「コンロの前面は壁にしておけば良かった」ということです。

今の家のキッチンにおいて、コンロ前は20cmほどのレンジガードがつけられているだけですから、盛大に油がはねた場合はガードしきれていないのですよね。まあそれは私が料理が下手だからなのかもしれませんけれど、でもまあとにかく油がボチャーンとはねてしまった場合は、レンジガードなんて容易に飛び越えていくのでおそろしいのです。

というか後で床を磨き拭き掃除しなくてはなりませんからね。それならばもうコンロの前面は壁にしていれば、調味料を置く棚だってつけられたのでその方が良かったなぁと思うわけです。ここが後悔している点ですね。